日本語の語源を知る

日本語の語源を紹介します。日本語は漢字を基本的な素材としてつくられてきた言語です。古事記や日本書紀を読むと、この頃も盛んに言葉がつくられていたことが随所に記載されています。日本語の本質の一端を垣間見るということで、寛大なお気持ちでお読み頂ければ幸甚です。

【こんにちは】の語源

「コンニチハ」、「コンバンハ」は、

英語では、good afternoon、good evening、

ドイツ語では、guten tag、guten abend、

中国語では、午上好(ウーシャンハオ)、晩上好(ワンシャンハオ)などといい、直訳すると、いずれも「よい午後ですね」や「よい夜ですね」の意味になっています。

 

 日本語の場合には、一般に流布されている説として「今日は、・・・」「今晩は、・・・」と、その後半の部分が省略されたものとされています。

 

 そうすると、例えば、晴れた日であれば「今日は、良いお天気ですね」、雨の日であれば「今日は、あいにくの雨ですね」などの意味になると思われます。

 

 しかし、それでは、後の言葉になんと続くのかを各々の場合について、各人が想像しなければいけないという、不親切で曖昧な表現になってしまい、挨拶としては歯切れの悪い不完全なものとなっていしまいます。

 

 実は、日本語の「こんにちは」の「は」は「好」の字を使った「今日好」、「今晩好」であり、「今日は好い日ですね」、「今晩は好い晩ですね」という意味なのです。一音節読みで、好は「ハオ」と読み、その省略形が「ハ」なのです。

 つまり、「コンニチハ」、「コンバンハ」の「ハ」は好「ハオ」のことであり、一気読みすることにより生ずる省略形なのです。

 

 そうしますと、日本語も外国語と同じように「よい日ですね」、「よい夜ですね」という意味の、論理的な言葉になっていることがわかります。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。