日本語の語源を知る

日本語の語源を紹介します。日本語は漢字を基本的な素材としてつくられてきた言語です。古事記や日本書紀を読むと、この頃も盛んに言葉がつくられていたことが随所に記載されています。日本語の本質の一端を垣間見るということで、寛大なお気持ちでお読み頂ければ幸甚です。

【かぐや】姫の語源

 竹取物語という説話の主人公は、眩(まばゆ)いばかりの美しいお姫さまです。竹取物語は、平安時代に書かれ、現存する説話の中で最古のものと位置付けられています。

 この説話は、今昔物語にも「竹取翁が竹林で女児を見付けて養育した話」として語られています。その筋書きは、人口に膾炙(かいしゃ)したものなので、その内容については、ここでは省略します。

 かぐや姫は、漢字で赫映姫と書いてあります。しかしながら、赫映は「カグヤ」とは読めませんので、「当て読み」ということになります。当て読みとは、著者の造語であり、従来の訓読ということです。

は「光り輝く」、は「美しく映える」の意味ですから、字義の直訳では「光り輝き、美しく映える姫」の意味になっています。

 さて、カグヤとは、いったいどういう意味でしょうか。

一音節読みで、はカンと読み、この字の冠(かんむり)が竹となっていることから分かるように「竹筒」の意味があります。

はグと読み「父母のいない孤児」の意味、はヤンと読み「実親でない他人に養育される」の意味がありますです。

 したがって、カグヤ姫とは、管孤養姫の多少の訛り読みであり、直訳すると「竹筒の、孤児の、養育された姫」ですが、少し補足して意訳すると「竹筒の中にいた、孤児で、他人に養育された姫」の意味となり、これがこの姫の名前の語源です。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。